×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

剣道2段の昇段審査に

剣道の昇段審査を受ける方は実技だけで昇段審査に合格すると思っている方がいると思いますが、昇段審査には筆記試験もあります。学科試験はほとんど剣道についての考え方を自分の意見としてまとめることが多いと思います。
筆記試験は2000字以内に剣道についての考えを述べるものになるでしょう、例えば2段の試験な「剣道の試合の効果・目的を述べよ」のような問題がかんがえられるでしょう。剣道の目的については「剣道の歴史と剣道の発展が武士道のように日本人の精神にどのような影響を与えてきたかを考えると単に竹刀を振り回したり打ち合って勝負を競うだけでなく、剣道すなわち剣の道といえるように精神の鍛錬や人間性の形成を修行するのがその目的になるわけです。
剣道の効果は剣道の修行鍛錬により健やかな精神と身体が鍛錬され、@判断力・決断力が養成される。態度が落ち着き、風格が備わる。
 A相手の立場を尊重し、礼儀を守り、公正真剣に競技する態度が養成される。
 B積極性・勇気・沈着・自制・寛容・忍耐などが養成される。といった精神が磨かれることになります。
このように剣道の昇段審査は筆記試験もあるわけですから昇段試験を受ける肩は剣道連盟で発行している「剣道解説書」をしっかり読んで準備すると良いでしょう。




スポンサード リンク

海外ドラマ